2018.04.24 08:30

中谷元氏 南スーダンPKO武器携行の命令有無「言えない」

【参考写真】中谷元氏(2018年04月06日撮影)
【参考写真】中谷元氏(2018年04月06日撮影)
 自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊が一時、武器携行命令を全ての隊員に出すほど危険な状況に置かれていたとの報道について、当時の防衛相だった中谷元氏(衆院高知1区)は23日、高知新聞の取材に「現時点でも命令があったかどうかは言えない」と述べた上で、部隊を撤退させるような情勢ではなかったとの認識を改めて示した。

 命令があったとされるのは、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた2016年7月10日(現地時間)。中谷氏は同12日の記者会見で「銃撃、発砲事案が複数起きている」などとしながら、「隊員は安全だ」と説明していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ