2018.04.21 14:50

土佐観光飛躍へ 高知県立坂本龍馬記念館が新装オープン

薩長土肥の4県知事や三山ひろしさんらが参加して行われた開幕セレモニー(21日午前、高知市浦戸の県立坂本龍馬記念館前=石丸静香撮影)
薩長土肥の4県知事や三山ひろしさんらが参加して行われた開幕セレモニー(21日午前、高知市浦戸の県立坂本龍馬記念館前=石丸静香撮影)
 龍馬が土佐観光をけん引―。高知市浦戸の高知県立坂本龍馬記念館が21日、展示を大幅に充実させてリニューアルオープンした。大政奉還、明治維新150年に合わせて2017年3月から約2年間にわたって開催中の「志国高知 幕末維新博」第2幕も同時開幕。第1幕で県内各地へ広がった歴史資源を生かした観光を、自然や食と結び付けて発信し、土佐観光のさらなる飛躍を目指す。

「志国高知 幕末維新博」第2幕も開幕
 維新博は、高知県などでつくる推進協議会などが企画。第1幕では、17年3月に開館した県立高知城歴史博物館をメイン会場に、県内23会場で幕末の志士や地域の歴史に関する展示や催しが行われた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会坂本龍馬幕末維新博文化観光高知中央嶺北


ページトップへ