2018.04.20 08:35

高知県立坂本龍馬記念館 4/21新装再開 「幕末維新博」第2幕へ

21日にリニューアルオープンする県立坂本龍馬記念館(高知市浦戸=島本正人撮影)
21日にリニューアルオープンする県立坂本龍馬記念館(高知市浦戸=島本正人撮影)
 施設改修などのため昨年4月から休館していた高知市浦戸の県立坂本龍馬記念館が21日、リニューアルオープンする。展示室が大幅に拡充され、貴重な史料や映像でより詳しく、分かりやすく龍馬の生涯を学ぶことができるようになった。午前10時半、高松清之館長らによるテープカットとともに一般客の入場が開始される。また同日は「志国高知 幕末維新博」第2幕の開幕日で、同館を中心に桂浜周辺で盛りだくさんのイベントが用意されている。

 同館は昨年、史料の収蔵展示を行う「新館」建設と「本館」改修のため約1年間休館。1991年の開館以来課題だった史料の展示環境が整い、展示スペースも2倍以上に拡大した。

 新館の三つの展示室には、龍馬やジョン万次郎の関係史料約80点を展示。県内に残る龍馬直筆の手紙17点も一挙公開される。本館の二つの展示室も、古写真や映像で幕末の歴史を学べる内容に一新されている。


桂浜周辺で多彩なイベント 音楽ライブやダンス披露
 21日は午前10時から龍馬記念館南側の特設会場で「志国高知 幕末維新博」第2幕の開幕セレモニーが行われる。セレモニーには、タレントの島崎和歌子さんやビビる大木さん、歌手の三山ひろしさんがゲストとして登場する。

 その後、県観光PR隊「土佐おもてなし海援隊」の特別ステージや三山さんのミニライブと続く。午後2時から元いちむじんの山下俊輔さん、ジャアバーボンズの音楽ライブ。

 桂浜公園内の土産物店がある一帯では、県内を拠点に活動するお笑いコンビらがコントを披露するほか、ストリートダンスやよさこい鳴子踊りも。高知新港発着で「咸臨(かんりん)丸」を復元した船のミニクルーズもある。


21、22日交通規制
 県と県警は渋滞対策として21、22日の午前8時~午後5時、浦戸トンネル西側信号付近から桂浜公園駐車場までの市道は一般車両を通行止めにする。

 高知競馬場(高知市長浜宮田)と高知新港(同市仁井田)の駐車場を開放し(高知新港は21日のみ)、桂浜との間を10~15分間隔で無料シャトルバスを運行する(午前7時半~午後5時)。桂浜公園から同館へも無料シャトルバスを随時運行する。(楠瀬慶太、今川彩香)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会幕末維新博坂本龍馬観光高知中央文化


ページトップへ