2018.04.17 16:41

米、アラブ諸国に派兵要請 シリア、米軍早期撤収目指し

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は16日、シリアから早期の米軍撤収を目指すトランプ政権がアラブ諸国に対し、過激派組織「イスラム国」(IS)壊滅後の情勢安定化に向け、米軍の代わりに各国軍をシリアに派遣したり、多額の戦費を負担したりするよう要請する方針だと報じた。

 ただ米政府内では性急に米軍撤収を進めれば、地域で勢力を拡大するイランの抑止が困難になるとの見方も強く、実現可能性は不透明だ。

 トランプ氏は13日の演説で、米軍の長期駐留を改めて否定し「資金や安定化に向けた負担増をパートナー国に要請している」と述べた。
カテゴリー: 国際


ページトップへ