2018.04.15 08:35

春季四国高校野球のチャレンジマッチ 明徳が高知を破り四国へ

【明徳義塾―高知】5回裏明徳1死三塁、小泉が右前打を放ち2―0とする。三塁走者は中隈(8)。捕手平尾(春野球場=山下正晃撮影)
【明徳義塾―高知】5回裏明徳1死三塁、小泉が右前打を放ち2―0とする。三塁走者は中隈(8)。捕手平尾(春野球場=山下正晃撮影)
 第71回春季四国地区高校野球大会のチャレンジマッチ予備戦が14日、春野球場で行われ、明徳義塾が高知に2―0で勝利。明徳は5年連続23度目の四国大会出場を決めた。
 
8回2失点と好投した高知の先発森(春野球場=山下正晃撮影)
8回2失点と好投した高知の先発森(春野球場=山下正晃撮影)
 明徳は二回、渡部のソロ本塁打で先制すると、五回には三塁打の中隈を小泉が右前打でかえして1点追加し、試合を優位に進めた。高知は森が8回2失点と粘りの投球を見せたが、打線が好機らしい好機をつくることができなかった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ