2018.04.14 10:55

英米仏 シリア攻撃 化学兵器に「報復」


 
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、国民向け演説で、シリア首都ダマスカス近郊東グータ地区で化学兵器を使い市民を殺傷したとしてアサド政権への攻撃を指示したと発表した。フランスや英国も軍事行動に参加すると表明。シリアからの報道によると、米軍は英仏両軍とシリア攻撃を開始した。トランプ政権によるシリアへの軍事攻撃は、昨年4月に続き2度目となる。【PDF号外はこちら】


カテゴリー: 主要


ページトップへ