2018.04.12 08:32

認知症、PCで検査 高齢化進む高知県東洋町の社会福祉協議会

パソコンを使った認知機能チェックのサンプル画面。10分ほどの設問に答える方式
パソコンを使った認知機能チェックのサンプル画面。10分ほどの設問に答える方式
 高知県安芸郡東洋町社会福祉協議会は本年度、認知症の早期発見や予防に向けて、認知機能をパソコンでチェックする取り組みを始めた。医療サービスなどを手掛ける「ティーペック」(本社・東京)の事業「簡易認知機能確認スケール『あたまの健康チェック』」を活用し、関係機関との連携や予防活動につなげる。県内ではイベントで「あたまの―」を使った例はあるが、通年での導入は初めてという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース室戸


ページトップへ