2018.04.09 08:40

高知県大豊町のギャラリーが山里に元気 Uターン夫妻が開設7年

里山の景色と温かい祝福に包まれるのが魅力のフォトウエディング(大豊町大平)
里山の景色と温かい祝福に包まれるのが魅力のフォトウエディング(大豊町大平)
 高知県長岡郡大豊町大平(おおだいら)のギャラリー夢来里(むらざと)が開館7周年を迎え、7日、記念イベント「夢来里祭り」が開かれた。住民や観光客らはライブやフォトウエディングなどを楽しみ、山里は華やいだ雰囲気に包まれた。2014年の台風災害で地区を離れる世帯もあったが、イベントも定着し、地域は活気を取り戻しつつある。(森本敦士)
 
ハナモモなどが満開の庭園(大豊町大平)
ハナモモなどが満開の庭園(大豊町大平)
 ギャラリーは08年に帰郷した都築一久(かつひさ)さん(74)、画家の将子さん(72)夫妻が11年に開館。耕作放棄で荒れていく地区を守ろうと、これまで周辺の放棄地約1万8千平方メートルを季節の草木が彩る庭園に整備し、訪れる人も増え始めていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社説移住嶺北社会


ページトップへ