2018.04.06 08:32

柿の食べ過ぎ「胃石」注意 高知赤十字病院で昨年11月から4例 

食欲不振を訴えた80代女性の胃カメラ画像。5センチほどの胃石があった(高橋拓医師提供)
食欲不振を訴えた80代女性の胃カメラ画像。5センチほどの胃石があった(高橋拓医師提供)
「コカ・コーラ療法」で溶解
 食べ物などが胃の中でうまく消化されず、塊となって残る「胃石」。国内では柿を食べ過ぎてできる「柿胃石」の報告が最も多く、食欲不振や胃痛などの原因となる。高知赤十字病院(高知市新本町2丁目)では、昨年11月から今年2月にかけて4例を治療した。例年より多く、「柿はほどほどに」と呼び掛けている。

 胃石には果物や野菜の繊維が集まった「植物胃石」、ストレスなどで飲み込んだ自分の髪の毛が固まる「毛髪胃石」などがある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ