2018.04.06 08:31

高知-徳島結ぶ阿佐鉄がDMV導入 2020年度運行へ運転士4人

線路と道路を走る「デュアル・モード・ビークル」。阿佐海岸鉄道が導入に向けて運転士を増員した(東洋町河内)
線路と道路を走る「デュアル・モード・ビークル」。阿佐海岸鉄道が導入に向けて運転士を増員した(東洋町河内)
 高知県安芸郡東洋町と徳島県海陽町を結ぶ阿佐東線を運営する阿佐海岸鉄道(海陽町宍喰浦)は2018年度、4人の運転士を新たに雇用した。線路と道路を走れる車両「デュアル・モード・ビークル(DMV)」の2020年度からの運行開始に向けて、現役運転士と共に鉄道とバスの運転免許を取得する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会政治・経済

ページトップへ