2018.04.05 08:38

高知県大豊町のギャラリー夢来里が7周年 4月7日に催し

 高知県長岡郡大豊町大平(おおだいら)のギャラリー夢来里(むらざと)の開館7周年イベントが7日、ギャラリー隣の大平集会所で開かれる。
 
 ギャラリーは大阪府から大豊町に帰郷した都築一久さん(74)、画家の将子さん(72)夫妻が2011年に開いた。周辺の耕作放棄地を整備した庭園(約1万8千平方メートル)に雪割り桜やオカメザクラなどを植え、人気スポットになっている。15年からは高知大生が地区で活動。昨年は庭園と山里の景色の中で記念写真を撮るフォトガーデンを企画し、好評だった。
 
 7日は午前10時から地元夫妻のフォトウエディングを行う。午後1時からは民謡や浪曲ライブ、高知大よさこい連「酔恋(すいれん)」のよさこい鳴子踊りでイベントを盛り上げる。問い合わせは都築将子さん(090・5965・6387)へ。

カテゴリー: 嶺北高知のニュース

ページトップへ