2018.04.01 08:35

バドミントン日本代表が高知合宿 タカマツ、奥原ら合宿始動

リオ五輪女子ダブルス金メダルの松友美佐紀(南国市SC=佐藤邦昭撮影)
リオ五輪女子ダブルス金メダルの松友美佐紀(南国市SC=佐藤邦昭撮影)
 バドミントン日本代表の「高知合宿」が31日、高知県南国市スポーツセンターなどでスタートした。リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華・松友美佐紀組(日本ユニシス)や、シングルス銅メダルの奥原希望(同)ら国内トップ選手が集結。フィジカルトレーニングなどで汗を流した。(井上真一)
 
リオ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華(南国市SC=佐藤邦昭撮影)
リオ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華(南国市SC=佐藤邦昭撮影)
 東京五輪・パラリンピックの事前合宿で、シンガポール代表の誘致を進める県が、橋渡し役の上松芳則・日本協会選手強化本部長とやりとりをする中で日本代表の高知合宿の話が持ち上がり、実現した。日本代表が味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都)以外で合宿を張るのは2016年1月の沖縄県以来。初日から500人以上のファンが詰め掛けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ香長


ページトップへ