2018.03.30 14:35

明徳義塾がサヨナラ負け 日本航空石川に1―3 選抜高校野球

サヨナラ負けを喫し、ベンチに引き揚げる明徳ナイン。エース市川=右から3人目=が涙を拭った(30日午前、甲子園=久保俊典撮影)
サヨナラ負けを喫し、ベンチに引き揚げる明徳ナイン。エース市川=右から3人目=が涙を拭った(30日午前、甲子園=久保俊典撮影)
 第90回選抜高校野球大会第8日は30日、甲子園球場で3回戦を行い、高知県代表の明徳義塾は1―3で日本航空石川に敗れた。
 
 明徳先発の市川は、最速145キロの直球と、切れのあるスライダーで八回まで被安打3、0失点の快投を見せた。しかし、1―0の最終回、先頭を右前打で出すと、次打者を四球で歩かせて無死一、二塁となり、3番原田に逆転サヨナラ3点本塁打を左翼席に運ばれた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ選抜高校野球スポーツ

ページトップへ