2018.03.30 08:40

高齢初産婦支えよう 高知母性衛生学会で講演 高知市

「高齢妊産婦の特性に応じたケアが必要」と語る森恵美教授 (高知市の高知医療センター)
「高齢妊産婦の特性に応じたケアが必要」と語る森恵美教授 (高知市の高知医療センター)
 35歳以上で出産する「高齢出産」を考える高知母性衛生学会の学術集会が高知市池の高知医療センターでこのほど開かれ、講演や事例報告が行われた。晩婚化などの影響で、高齢出産は県内でも増加している。妊娠、出産時のリスクに加え、特に初産では疲れや育児不安を抱える人の割合が多いという。(門田朋三)...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ