2018.03.19 14:35

カツオ危機 国民の課題に 和歌山・すさみ町長に聞く

「全国沿岸漁民連」の会合で講演する岩田勉・すさみ町長(千葉県内)
「全国沿岸漁民連」の会合で講演する岩田勉・すさみ町長(千葉県内)
ケンケン漁の伝統守る
 和歌山県すさみ町で24、25の両日、高知など6県8市町が参加し、「全国カツオまつりサミット」が開かれる。和歌山(紀州)は本格的なカツオ漁とかつお節製法の発祥の地。その技術は江戸期の紀州人によって、土佐を含む太平洋岸の各地に伝えられた。また同町は歴史的にケンケン(引き縄)漁が盛んで、「すさみケンケン鰹(かつお)」をブランド化している。岩田勉町長(68)に、サミット開催にかける思いを聞いた。(聞き手=報道部・福田 仁)...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: カツオ県民会議社会社会


ページトップへ