2018.03.15 08:35

高知県室戸市のキンメダイを活魚で築地へ 全国初事業化へ試験

活魚車のいけすをのぞく松尾拓哉さん(3月14日午前、高知県室戸市佐喜浜町)
活魚車のいけすをのぞく松尾拓哉さん(3月14日午前、高知県室戸市佐喜浜町)
 高知県室戸市の沖合で捕れるキンメダイを活魚で輸送する試みが14日、同市佐喜浜町で始まり、キンメ32匹などを載せた活魚車が東京の築地市場に向けて出発した。2年前に佐喜浜町に移住し、新規漁業就業の研修を続ける松尾拓哉さん(27)=大阪市出身=が県や県外企業の協力を受け、地元漁協の試験事業として取り組む。輸送した魚は15日に卸売業者を通じ、都内の料亭に提供される。キンメの活魚流通は静岡県でも試験が行われており、本格的に事業化すれば全国初となる。(馬場隼)...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済室戸


ページトップへ