2018.03.14 08:30

ICANの川崎さん高知入り ビキニ訴訟に世界的意義

「高知で核実験被害者への援助の突破口ができれば、世界的に注目される」と話すICAN国際運営委員の川崎哲さん (高知新聞社=久保俊典撮影)
「高知で核実験被害者への援助の突破口ができれば、世界的に注目される」と話すICAN国際運営委員の川崎哲さん (高知新聞社=久保俊典撮影)
 昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の国際運営委員、川崎哲さん(49)がこのほど来高し、高知新聞のインタビューに応じた。川崎さんは日本政府に核兵器禁止条約への署名を求める考えを強調するとともに、米国が1954年に太平洋・ビキニ環礁で行った水爆実験で被ばくした県内元船員らの救済を訴えた。(聞き手=報道部・坂巻陽平)...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ