2018.03.13 08:31

森友学園問題で文書改ざん 高知県関係・国会議員の声

与党「行政の信頼を失墜」 野党「安倍1強のおごり」
 森友学園問題を巡る決裁文書改ざんを財務省が認めたことに、高知県関係の与党国会議員は12日、「行政の信頼を失墜させた」と財務省を批判し、信頼回復に向けた真相解明の必要性を強調する一方、安倍晋三首相や麻生太郎財務相らの責任については明言しなかった。野党の2人は「安倍1強のおごりの表れだ」と政権批判を強めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ