2018.03.13 08:45

高知県の土佐市名物をガンプラで再現した企画展 大綱まつりなど

 高知県土佐市高岡町甲の集客施設「ドラゴン広場」で、アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル(ガンプラ)を使って市内の名物イベントなどを再現した企画展「めぐりあい土佐」が開かれている=写真。

 ガンダム好きの広場職員が提案し、関模型店(土佐市高岡町乙)が協力した。当面は展示する予定。

 大綱まつりやホエールウオッチング、ブンタンの収穫、ウルメの一本釣り、宇佐大鍋まつりなどを約30体(1体約13センチ)のガンプラで再現。大綱やクジラ、ブンタンなどの模型は広場職員らが粘土で制作後、絵の具で色付けし、きめ細かく仕上がっている。(土佐・上原英介)

カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ