2018.03.09 08:35

黒潮町のブンタンPR ビオスおおがたで文旦まつり 3/11まで

店内にずらりと並ぶブンタン(黒潮町の「ビオスおおがた」)
店内にずらりと並ぶブンタン(黒潮町の「ビオスおおがた」)
 高知県幡多郡黒潮町浮鞭の道の駅「ビオスおおがた」で8日、「文旦まつり」が始まった。町産のブンタンを広くアピールしようと、同道の駅が初めて企画した。11日まで。

 店内にずらりと並んだ鮮やかなブンタンに、訪れた人は「こりゃあ、たくさんある」「おいしそう」と驚いたり、感激したり。

 友人と観光で訪れた菊池菜那さん(22)=東京都=は「普段ブンタンはそんなに見る機会はない。せっかく四国に来たから食べてみたい」と話していた。

 期間中はばら売りや袋詰めのブンタンのほか、「文旦バーガー」(税込み400円)や「文旦ソフト」(同350円)といった限定メニューも販売する。10、11日の午前10時と午後2時からは先着10人限定で、ブンタンの詰め放題も行われる(同500円、11日午後2時は売り切れまで)。(山崎友裕)

カテゴリー: 社会幡多


ページトップへ