2016.04.20 08:00

小社会 避難所での暮らしとは具体的にどういうものなの...

 避難所での暮らしとは具体的にどういうものなのか。東日本大震災で福島県内の大型施設に避難した北村俊郎さんが、著書「原発推進者の無念」(平凡社新書)に書いている。

 避難者は最大2500人に上り、行政は混乱を極めた。震災から1カ月たっても、配られる食料は菓子パンやおにぎり。避難場所によっては温かな食事が提供されていると聞いて、格差にやりきれない思いが募った。

 生活スペースは隣との境がなく、せいぜい段ボール1枚。被災者同士、最初は仲良くてもいびきやラジオの音でもめた。大げんかにはならないが、次第に雰囲気は悪くなる。厳しいけれど目をそらしてはいけない現実がある。

 熊本地震の被災地でも食料や水などの不足を訴える声が相次いでいる。全国から支援物資は届くものの、受ける側の自治体がうまく分配できていない。

 余震の恐怖やプライバシーの確保からだろう。多くの被災者が車中泊を選ぶ結果、エコノミークラス症候群の恐れも高まっている。その一つ一つを解決しなければ、東日本大震災の被災者の難儀が繰り返されるだけだ。

 「災害ユートピア」。大災害が起きた時、より困難な状況にいる隣人に手を差し伸べる温かなつながりが生まれることを指す。震災のたびに示されるボランティアの力がそれを象徴していよう。今はユートピアでなくていい。避難者が少しでも暮らしやすい環境を早急に整えたい。


4月20日のこよみ。
旧暦の3月14日に当たります。みずのえ さる 三碧 仏滅。
日の出は5時29分、日の入りは18時41分。
月の出は16時59分、月の入りは4時26分、月齢は12.7です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で5時01分、潮位162センチと、17時26分、潮位162センチです。
干潮は11時15分、潮位36センチと、23時24分、潮位44センチです。

4月21日のこよみ。
旧暦の3月15日に当たります。みずのと とり 四緑 大安。
日の出は5時28分、日の入りは18時41分。
月の出は17時51分、月の入りは4時58分、月齢は13.7です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で5時26分、潮位167センチと、18時00分、潮位167センチです。
干潮は11時43分、潮位27センチと、23時55分、潮位46センチです。
カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ