2018.03.07 08:29

高知県立大雇い止めで元職員敗訴 高知地裁「無期転換逃れ」認めず

 パートなどの有期労働者が同じ職場に5年を超えて勤務すれば定年まで働ける「無期転換ルール」を巡り、高知県立大学と関連団体に契約職員として勤務していた女性2人が、2016年3月に雇用契約を打ち切られたのは「無期転換逃れだ」として、雇い止めの無効を求めていた訴訟の判決が6日、高知地裁であり、西村修裁判長は請求を棄却した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育


ページトップへ