2018.03.04 08:40

高知市で「全国漫画家大会議」が開幕 ファンと交流 3/4まで

「キャプテン翼」の制作裏話などを語った高橋陽一さん=中央(3日午後、高知市の「かるぽーと」)
「キャプテン翼」の制作裏話などを語った高橋陽一さん=中央(3日午後、高知市の「かるぽーと」)
 「第4回全国漫画家大会議inまんが王国・土佐」が3日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」を主会場に始まり、「風雲児たち」のみなもと太郎さんら県内外の漫画家によるトークショー、まんが教室など多彩なイベントが行われた。4日まで。

みなもと太郎さん=右から3人目=ら漫画家21人が参加した開幕セレモニー(3日午後、高知市のかるぽーと)
みなもと太郎さん=右から3人目=ら漫画家21人が参加した開幕セレモニー(3日午後、高知市のかるぽーと)
 開幕セレモニーでは、今回参加する漫画家21人が全員登壇。「高知県に来るのは初めてです」(新谷かおるさん)、「高知の人と酒に引かれて今年も来てしまいました」(あおきてつおさん)などと一言ずつあいさつし、漫画ファンや親子連れら約150人が集まった会場は温かい拍手に包まれた。

 その後、村岡マサヒロさんが小中学生に4こま漫画の描き方を指導する教室や、浜田ブリトニーさんらによる似顔絵描きなどが行われ、夕方からは同市の中央公園で漫画家たちが高知の酒とお座敷遊びでファンらと触れ合った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ