2018.02.25 08:22

西武 中継ぎ崩れ7失点 高知市春野球場でプレシーズンマッチ

 3回無失点と好投した西武・カスティーヨ(春野球場)
3回無失点と好投した西武・カスティーヨ(春野球場)
プロ野球の西武とロッテの1軍が練習試合として対戦する「プレシーズンマッチ」の第1戦が24日、高知市の春野球場で行われ、ロッテが7―1で勝った。観客は4701人(主催者発表)を集めた。
 
 5回表ロッテ2死満塁、菅野が適時二塁打を放ち、3―1と逆転する(春野球場)
5回表ロッテ2死満塁、菅野が適時二塁打を放ち、3―1と逆転する(春野球場)
強力打線を擁する西武だが、得点は犠飛で奪った三回の1点のみ。投手陣は先発のカスティーヨが3回を投げて被安打0の4奪三振と上々だったが、2番手高橋光、3番手中塚が計7四死球と乱れ、五、六回に計7失点。六回1死満塁から救援に上がった、新人の伊藤(徳島IS出)は追加点を許さなかった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ