2018.02.23 08:00

小社会 いまから550年前、あるドイツ人発明家がひっそりと…

 いまから550年前、あるドイツ人発明家がひっそりと世を去った。なにぶん古い時代の人で記録がほとんど残っていないが、「新版 世界人名辞典」(東京堂出版)は2月23日に死去したと記す。

 その人の名はグーテンベルクという。活版印刷の発明者として世界史に名を刻む。それ以前の木版のような1枚板ではなく、文字の組み替えが自在にできる。これにより本の大量生産が可能になった。

 活版印刷は世の中を変えるほどの偉大な発明となった。グーテンベルクの功績の一つに聖書の出版がある。聖書など文書の普及は神学者ルターによる宗教改革を後押しし、キリスト教はカトリックとプロテスタントに分かれて今日に至る。

 影響は宗教界だけにとどまらない。本の量産は思想や科学、政治などの分野で人々に幅広い知識を与えた。いうなれば情報革命のうねりを欧州に巻き起こした。

 現代の情報伝達はネット空間を激しく、瞬時に行き来する。ではそれで人々は良質な知識を得て、豊かな生活を営んでいると言い切れるだろうか。パソコンやスマホの画面にはデマや中傷があふれ、自分に都合のよい情報以外は切って捨てる。粗雑な言説は国会にさえ、はびこっている。要は技術を使いこなせていないのではないか。

 グーテンベルクの時代、市民は情報に飢えていたのだろう。1文字、一つの活字の重さに、5世紀半の時を超えて思いをはせたい。


2月23日のこよみ。
旧暦の1月8日に当たります。ひのえ いぬ 二黒 友引 。
日の出は6時42分、日の入りは17時57分。
月の出は11時15分、月の入りは0時07分、月齢は7.2です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で4時17分、潮位65センチと、17時31分、潮位37センチです。
満潮は10時29分、潮位140センチです。

2月24日のこよみ。
旧暦の1月9日に当たります。 ひのと ゐ 三碧 先負。
日の出は6時41分、日の入りは17時58分。
月の出は12時02分、月の入りは1時11分、月齢は8.2です。
潮は小潮で、満潮は高知港標準で0時11分、潮位119センチと、11時33分、潮位133センチです。
干潮は5時25分、潮位82センチと、19時01分、潮位34センチです。

カテゴリー: コラム

ページトップへ