2018.02.20 08:25

和食ダム完成6年遅れ 追加工事で31億円増 高知県芸西村

ダム建設地の上流から見て右側の堤体はほぼ完成。左側の斜面から広範囲に割れ目が発見され再掘削が必要となった(芸西村馬ノ上=県提供)
ダム建設地の上流から見て右側の堤体はほぼ完成。左側の斜面から広範囲に割れ目が発見され再掘削が必要となった(芸西村馬ノ上=県提供)
 高知県は19日、斜面の岩盤内に広がる割れ目の対策工事が必要となっている安芸郡芸西村馬ノ上の和食ダムについて、完成予定が6年遅れの2024年度になる見通しを示した。割れ目が見つかった斜面の掘削など安全性確保のため、総事業費は着工当初に比べ、31億5800万円増の159億5800万円になるという。同日の県公共事業再評価委員会で、県が説明した。今後、国への計画変更の手続きに入る。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会安芸

ページトップへ