2018.02.19 08:25

高知龍馬マラソン2018 自分に勝った!最後尾にも笑顔あり

爽やかな天候を楽しむように走る参加者たち(南国市稲生)
爽やかな天候を楽しむように走る参加者たち(南国市稲生)
ベスト達成しちゃいました
 18日の高知龍馬マラソンは、青空の広がる穏やかな天候に恵まれた。それぞれの期間や方法で重ねた練習が実を結び、ランナーからは「自己ベスト達成」の喜びの声が相次いだ。

 「めっちゃうれしい。いま最っ高。爽快感が半端ない!」

 柳沢ゆかりさん(27)=東京都千代田区=は完走証を受け取って矢継ぎ早に興奮を声にした。初の5時間半以内。笑った目の下に汗粒が光る。

 高知県にも事業所を置く東京のネット関連企業に勤め、昨年、職場の仲間と初参加。「気持ち良くて、はまっちゃって」と、糖質制限で体重を落とし専用の腕時計でペースを保った。「風が穏やかで、日差しが気持ち良くて最高のコンディションでした」

 高知市の公務員、福永正之(まさし)さん(60)は「まさか、こんなことがあるとは…」と驚きの表情を見せた。マラソンを始めた40代に出した3時間18分という記録を還暦の今回、2分ほど上回った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ