2018.02.18 10:10

高知龍馬マラソン2018 それぞれのゴールへ

 マラソンには不思議な力がある。「何となく」「嫌々」始めた人をとりこにしてしまうことがある。「失恋を克服するため」「自分を試すため」「健康のため」。時には生きるパワーを与えてくれたりもする。
 
 ただ、走るだけ。誰でも気軽にできるのに、大きな恩恵があるのはなぜだろう。18日に行われる第6回高知龍馬マラソンには1万2827人がエントリーした。



バスケ仕込みの忍耐力 高橋亜弥さん(19)高知市
 高校の同級生2人に誘われて初めて出ます。中学1年から始めたバスケットボールは高知県立大に入った今もやりゆうし「どうにかなるろう」と軽い気持ちでおったら、「マラソンとバスケは全然違うで」とみんなに言われて…。練習も全然してないしもう時間ないし、やばい。こうなったらバスケ仕込みの忍耐力を信じて、ぶっつけ本番! きつくなったらマラソン後の打ち上げで何食べようかなーとか楽しいこと考えるね。
 

愛する高知に移住!? 榊原悦乃さん(43)浜松市
 初めて高知に来たのは4年ほど前。ひとりぼっちで心細かったときに、地元のおじちゃんおばちゃんが話しかけてくれました。初めて会った気がしないくらい、壁をつくらずに受け入れてくれる高知の温かさに魅了され、足を運ぶように。マラソンは今回が初めてです。大好きな高知なら、つらいマラソンも毎年の楽しみになりそうだったし、高知に行く理由にもなる。いつか高知に移住するつもりです。
 
収容関門との勝負 森田里香子さん(60)徳島市
 マラソンを始めて10年。フルマラソンで6時間台から抜け出せません。絶対に完走したいんですが、収容関門が恐ろしい! ゼッケンに関門の距離と制限時間を書き込んで、ポイントごとに確認します。見やすいように逆さまに書いているんですよ。
 難関の浦戸大橋を乗り越えて、きれいな海が見られるのが楽しみです。
 
上司にドヤ顔できる日 山田将希さん(30)兵庫県小野市
 職場の上司と2人で毎年1回、フルマラソンに参加しています。今年が5回目。これまでは上司に全勝していますが今年は準備不足で不安です。上司に対してドヤ顔ができる唯一の日なので、負けないよう頑張ります。高知龍馬マラソンはホームページを見て、にぎやかで楽しそうな印象を受けたのでとても楽しみです。
 
国試突破の前哨戦 森岡さおりさん(23)徳島市
 マラソンは昔から大嫌い。でもあえて挑戦するのは、来年2月に薬剤師になるための国家試験があるから。試験は大きな壁だけど、苦手なマラソンを完走できたら国試も突破できる! 同じ大学に通う仲間6人で挑戦します。あんなに苦手だったのに、今では週3日走っています。42キロは未知の領域ですが、成長を感じているので大丈夫!
 
息子がつないだご縁 星学さん(63)東京都調布市
 高知大学に通う長男の偵察を兼ねて毎年来ています。今年でもう3回目。昨年30キロを越えてへろへろになっていた時、地元の方々がわざわざ僕の前まで来て「東京! よう来たねえ」「頑張れ!」と声援をくれました。今でも思い出して涙ぐんでしまいます。今年は、息子の友人たちのパパ友達が奈良や静岡から駆け付け、一緒に走ります。息子が与えてくれた高知とのご縁に本当に感謝です。
 
走り始めた思い出の地 続正芳さん(44)札幌市
 転勤で高知県にいた2010年にマラソンを始め、13年の第1回高知龍馬マラソンを走りました。それ以来のめり込み、他県へ転勤してからも各地のマラソンに出ています。ただ高知がマラソンを始めた場所なのでやっぱり思い入れはありますね。3回目の今年は会社の後輩3人と参加。若い世代にはまだまだ負けられません。
 
同僚の無念晴らす! 三瀬耕司さん(49)高知市
 マラソン好きな職場の同僚に誘われ昨年初出場。高校卒業以来、運動を全然してこなかったんですが、同僚の励ましに支えられ、何とか完走しました。
 「今年も一緒に」と誘ってくれた同僚ですが、なんと大会1カ月前にけがをして無念の欠場。ムードメーカーを失い寂しいですが、私ともう1人の同僚で、無念を晴らす! マラソン魂燃やしてなんとしても完走してみせます。
 
つらいから得られる ハービー・アンドリューさん(43)高知市
 イギリス出身で、15年前から高知で暮らしています。高知では他にすることがなくて…マラソンにはまりました。今まで龍馬マラソンは3時間切ることを目標に全力でやっていたけど、それも達成したし今年は楽しみます。朝倉の家から走ってスタート地点まで行って、ゴールした後も走って家まで帰るよ。なぜ走るかって? 「MORE PAIN MORE GAIN(つらい思いをしただけ、得る物がある)」さ。 
 
いつかはだしで 鈴木敦史さん(31)兵庫県宝塚市
 中米の山岳民族由来の「ルナ・サンダル」というランニング向けサンダルで走ります。いつか、はだしで走るのが夢。高知県は兄が住んでいるので毎年来ていますが、高知龍馬マラソンは初参加です。3月にスペイン・バルセロナと米・ロサンゼルスでマラソンに出るので、その前哨戦として臨みます。
 
文旦が染み渡る 佐々木大延さん(21)香南市
 長野市出身で、高校まではアイスホッケーをしてました。職場の龍馬空港ランニングクラブの仲間と参加します。トライアスロンもやってますが、マラソンはそんなに得意じゃない。昨年は30キロを越えた所から苦しくなって…。でも、文旦が疲れた体に染み渡ったのを覚えています。マラソンがきっかけで知り合いも増えたし、体も引き締まった。4時間切りを目標に頑張ります。
 
失恋乗り越えたい 石沢祐弥さん(26)京都市
 6年間遠距離で付き合っていた彼女と2年前に別れたことを今でも引きずっています。自分に自信をなくし、毎日家でダラダラする生活。そんな状態から前に進もうと出場を決めたんです。1人では続かんと思い、最近失恋した友人(南貴彦さん)と2人で走ります。当日はとりあえず完走することを目指して頑張ります。走り終えた後、自分の中で何か変わってたらいいですね。チーム名は「春おっかけ兄弟」。早く僕たちにも春が来ますように…。
 
4444を目指して 堀照政さん(45)高知市
 マラソンは大の苦手。小中学校時代の体育ではいつもビリでした。でも苦手なことにチャレンジして自分を変えたいと思って。去年に続いて2回目の出場です。
 去年は大会の3カ月前に足を骨折。直前にろくに練習できず臨んだので、記録は約5時間50分でした。今年は少し頑張って4時間44分4秒を目指します! ぞろ目だといいことありそうでしょう?
 
大会後のお酒楽しみ 伊井野太志さん(60)四万十町
 仕事を通じて知り合った飲み仲間でチームを結成し今年で3回目の出場です。龍馬マラソン以外にも、「四万十川桜マラソン」(高岡郡四万十町)や「くいしんぼマラソン」(吾川郡仁淀川町)などに参加するほど皆マラソン好き。速く走ることよりも楽しむことが目標です。大会が終わっては皆で飲み会をしてマラソン話に花を咲かせるのも楽しみの一つですね。
 
よさこい仲間と参加 菅寛和さん(43)愛媛県四国中央市
 愛媛の「伊予からの風 純信連」というよさこいチームで知り合った仲間と一緒に参加です。10年ほど前には愛媛マラソンにも出ていましたが、仕事が忙しくて走らなくなりました。ブランクがあるので、今回は完走が目標。昨年出た仲間が「沿道の応援もあってとても楽しかった」と言っていました。「頑張れ」の声で元気をもらって走りたいと思います。
 
郵便局長さんの輪 笹岡英樹さん(54)いの町
 土佐市の宇佐郵便局長をやっています。出場は今年で4回目。走っているうち「あれ、あんたも?」とつながりが広がっていき、今年は高知市や吾川郡いの町の郵便局長たち数人と一緒に走ることに。もう引くに引けません。みんな「よう走らん」「練習できてない」とか言うけど、目標を胸に秘めてひっそりと練習を重ねているはず…。
 
国際チームでゴー! 川村毅さん(55)室戸市
 マラソンはやったことなかったけど50歳の時、自分を試したくて始めて、今年で5年目。減量もできて健康になった。
 今年は室戸市の「勇魚(いさな)太鼓」を一緒にやりゆうALT(外国語指導助手)ら4人を誘いました。みんな最初は嫌々やったけど、練習するうちに気持ちも乗ってきて、大迫力の太平洋を望む海路を楽しみにしゆう。国際チーム、完走へ向けレッツゴー!
 
友達と宴会も楽しみ 大塚信明さん(61)新潟市
 昨年退職した高知の友人に会いに行くのを兼ねて、初挑戦です。10年くらい前、仕事で北海道にいた時、ランニングコースで走ったのをきっかけに、今では年間20レースくらいに参加してます。高知は応援とおもてなしがすごいみたいで、期待してます。新潟のお酒もおいしいですが、高知のお酒も楽しみです。

関連記事

もっと見る



ページトップへ