2018.02.14 08:30

高知県本山町が大阪市と交流模索 藩政期のヒノキ出荷が縁

白髪山のヒノキを通じた大阪市と本山町の絆を学んだ研究発表会。新たな交流が模索されている(本山町本山)
白髪山のヒノキを通じた大阪市と本山町の絆を学んだ研究発表会。新たな交流が模索されている(本山町本山)
 藩政期、白髪山(高知県長岡郡本山町)のヒノキの流通によって生まれた、大阪市とのつながりを再認識し、現代でも交流を結ぼうとする取り組みが本山町で進んでいる。住民でつくる汗見川活性化推進委員会と高知大学が昨年から研究を始め、大阪市のNPO法人とも連携を模索。催しへの出店などを検討している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会嶺北


ページトップへ