2018.02.13 08:30

高知県で四万十川スジアオノリ2年ぶり入札 質良く量まずまず

2年ぶりの入札を控えたスジアオノリの検品作業(四万十市鍋島の四万十川下流漁協事務所)
2年ぶりの入札を控えたスジアオノリの検品作業(四万十市鍋島の四万十川下流漁協事務所)
 高知県四万十市の四万十川下流漁協は13日、スジアオノリの入札を2年ぶりに行う。昨年は深刻な不漁で入札が実施できなかったが、今季はこれまでに1・5トンとまずまずの量が採れているという。豊漁とまではいかないものの、組合員は「色、香りともに良い」と声を弾ませている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会幡多


ページトップへ