2018.02.07 08:20

阪神新人4人が盆栽作り楽しむ 高知県安芸市

自作のミニ盆栽を手に、リラックスした表情を見せる阪神の新人4選手(安芸市川北乙)
自作のミニ盆栽を手に、リラックスした表情を見せる阪神の新人4選手(安芸市川北乙)
 高知県安芸市でキャンプ中の阪神タイガースの新人4選手が初のオフとなった5日、同市川北乙の内原野陶芸館で、地元伝統の内原野焼の器に松などを植栽するミニ盆栽作りを楽しんだ。

 高橋遥人、谷川昌希、牧丈一郎、石井将希の4投手。ミニ盆栽を考案、販売する同市の造園会社の川竹宏昌社長(43)に手ほどきを受け、松やナンテンの木を使って挑戦した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ安芸


ページトップへ