2015.02.22 07:00

子育ち支縁 第2部(9) 「誰かの受容」こそ必要

子どもの心に関する本を示しながら山崎正雄所長は「自立が苦しい時代。優しく見守っていきたい」と語った(高知市丸ノ内2丁目)
子どもの心に関する本を示しながら山崎正雄所長は「自立が苦しい時代。優しく見守っていきたい」と語った(高知市丸ノ内2丁目)
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る

カテゴリー: 2014子育ち支縁掲載年表教育


ページトップへ