2018.02.06 08:25

咸臨丸で桂浜クルーズ 4月実施 乗船者を募集 高知県

「志国高知 幕末維新博」第2幕開幕に合わせて桂浜クルーズを行う咸臨丸の復元船(ジョイポート南淡路提供)
「志国高知 幕末維新博」第2幕開幕に合わせて桂浜クルーズを行う咸臨丸の復元船(ジョイポート南淡路提供)
 4月21日の「志国高知 幕末維新博」第2幕の開幕に合わせ、同日から23日、江戸幕府の軍艦「咸臨(かんりん)丸」を復元した船が来高しミニクルーズが行われる。維新博推進協議会は、2月9日から前売り券を発売する。

 咸臨丸は日本で初めて太平洋を横断して渡米したことで知られ、勝海舟やジョン万次郎も乗船したとされる船。3本マストとシックな外観が特徴の復元船(384トン、全長49・4メートル)は、兵庫県の観光船会社「ジョイポート南淡路」が所有するもので、同推進協が第2幕の開幕を盛り上げようと企画した。

 ミニクルーズは高知新港発着で1日5便。桂浜や浦戸大橋を巡る1回40分程度の船旅が楽しめる。定員は1回約400人。前売り券は中学生以上1600円、小学生800円、未就学児は保護者同伴が必要で、大人1人につき1人無料(2人目以降は小学生料金)。身体障害者手帳などを当日持参すると本人と介護者1人分が半額になる。

 チケットは高新プレイガイドやコンビニなどで販売する。問い合わせは同クルーズチケットセンター(088・875・3188、平日午前9時半~午後5時半)へ。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会幕末維新博観光


ページトップへ