2018.02.08 08:05

太陽(高知市)の廃油ボイラー好調 バーナーに独自技術

ミスタードーナツを展開するダスキンの拠点工場に設置されたエコボイラーシステム(太陽提供)
ミスタードーナツを展開するダスキンの拠点工場に設置されたエコボイラーシステム(太陽提供)
 農業用トラクターなどの耕運爪メーカー、太陽(高知市布師田、久松朋水社長)の手掛けるエコボイラーシステムなどの環境関連機器が、じわりと売り上げを伸ばしている。

 同社が国内トップシェアを誇る耕運爪は、特殊な専用の機械で製造。自社プラントも独自開発しており、その過程で蓄積したプラント製造のノウハウを基に、1996年に環境事業部を開設。プールなどの浄化システムを手掛けてきた。

 その後、廃油処理事業にも参入。油に水を混合し、窒素酸化物やすすの発生を減らすシステムに取り組んだ2005年ごろ、高性能の「エコバーナー」を開発した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ