2016.04.16 08:40

小社会 前触れなく、突然起こった「ドン」という激しい揺れ…

 前触れなく、突然起こった「ドン」という激しい揺れ。「突き上げるような強い揺れ」との証言もある。14日夜、熊本県を襲った大地震。県民は「経験したことのない揺れ」と口をそろえる。

 最大の震度7は5年前の東日本大震災以来で、九州では初めてという。死傷者も多数出る中、倒壊した家屋や散乱したブロック塀、陥没した道路などの傷痕が生々しい。地震の「揺れ」の恐ろしさを改めて痛感する。

 震度7は南海トラフ地震で、高知県が想定する揺れでもある。海溝型地震では津波対策が注目されがちだが、先に来る「揺れ」対策がおろそかになっては元も子もあるまい。高台に避難する前に、命あってこそである。

 高知県などが最近実施した調査結果をみると、地震の強い揺れに対する県民の危機意識は高い。だが実際の備えとなると、家具や家電などを固定しているのは約2割。水や食糧の備蓄も半数どまりで「自助」の実行力は心もとない。

 「大型テレビが自分めがけて飛んできた」「たんすが倒れてきて危うく圧死するところだった」。大震災に襲われた神戸や東北の被災地で、よく聞く体験談だ。家具や家電の固定などは、比較的手軽にできる揺れ対策ではないか。

 日本は震度7級の「経験したことのない揺れ」が、いつ起きてもおかしくない地震列島だと、熊本から警告が届いた。私たちは常に、先例の貴重な教訓に学ぶ生徒であらねばならない。


4月16日のこよみ。
旧暦の3月10日に当たります。つちのえ たつ 八白 赤口。
日の出は5時34分、日の入りは18時38分。
月の出は13時23分、月の入りは2時07分、月齢は8.7です。
潮は長潮で、満潮は高知港標準で2時33分、潮位136センチと、14時03分、潮位125センチです。
干潮は8時43分、潮位89センチと、20時33分、潮位52センチです。

4月17日のこよみ。
旧暦の3月11日に当たります。つちのと み 九紫 先勝。
日の出は5時33分、日の入りは18時38分。
月の出は14時18分、月の入りは2時46分、月齢は9.7です。
潮は若潮で、満潮は高知港標準で3時25分、潮位143センチと、15時17分、潮位134センチです。
干潮は9時37分、潮位74センチと、21時31分、潮位49センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ