2018.02.04 08:15

恵方巻き、キリンも“グビッ” 高知県立のいち動物公園

“恵方巻き形”のほ乳瓶に入ったミルクを飲むアミメキリンの「キュウタロウ」(3日午前、香南市の県立のいち動物公園)
“恵方巻き形”のほ乳瓶に入ったミルクを飲むアミメキリンの「キュウタロウ」(3日午前、香南市の県立のいち動物公園)
 きょうは節分、動物たちも恵方巻きぱくり! 節分の風習として定着した恵方巻きを食べるイベントが3日、高知県香南市野市町大谷の県立のいち動物公園で行われた。
 
 動物たちの長寿や繁殖を願い行っている恒例行事。今年はマレーグマ、アミメキリン、チンパンジーに飼育員手作りの餌が振る舞われた。
 
 アミメキリンの「キュウタロウ」は、恵方巻きの写真が貼り付けられたほ乳瓶からミルクをごっくごっく。マレーグマの「タオチイ」と「ワンピイ」はリンゴやイモの入ったのり巻きをぺろりと平らげた。
 
 動物たちの姿に親子連れら来園者の表情は緩み、「かわいい」「うまいこと食べるねえ」などの声が聞かれた。
 
 恵方巻きイベントは4日も午前11時から行われる。

カテゴリー: 社会香長


ページトップへ