2018.02.03 08:10

レクサス特別仕様 ミロクテクノウッド(南国市)が「墨ハンドル」

特別仕様車に採用された墨ハンドル=前。通常の木製と違い、光沢を抑え深みのある黒に(南国市篠原のミロクテクノウッド)
特別仕様車に採用された墨ハンドル=前。通常の木製と違い、光沢を抑え深みのある黒に(南国市篠原のミロクテクノウッド)
 2月1日に発売されるトヨタ自動車のスポーツクーペ「レクサスRC」の特別仕様車に、ミロクテクノウッド(高知県南国市篠原、片山弘紀社長)の“墨ハンドル”が採用された。高級材ウォールナット(クルミ科の広葉樹)の木目を生かしつつ墨で着色。スポーツ車の内装に木製部品が使われるのは珍しく、通常は車体が掲載されるパンフレットの表紙をハンドルが飾るなど「主役待遇」で扱われている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済香長


ページトップへ