2018.02.04 12:00

【おでかけ!にゅーすけ】日高編こぼれ話3

どうも、にゅーすけです。

日高村の活性化のため、よみがえったMOHEI。
いったいどこにいるのか。
天狗と出会い、忍術を学んだという猿田洞にやってきました。
ニンニン!


洞窟は全長が約1420メートル。
そのうち、探検コースとなっているのは200メートルほど。
江戸時代に発見され、当時は日に数百人の見物人が訪れ、
入り口付近には店も出て、大変なにぎわいだったそう。

近くで顔出しパネルを発見。
「この洞窟をクリアしたとき、キミは忍者になっている。」だと!?


あ、小さく「かも!?」って書いてある…。

でもでも!
もしかしたら、
ボクも忍者になれるかもしれないんだにゅ!?
それならチャレンジするしかない!

お山よお山、どうしてお穴が空いてるの?


忍者が修行をするためよ♪

ホニョッとのぞいて


チョット入って


ニョホホとにやけたそんな時。

…洞内が狭すぎて、ほとんど進めませんでした。


洞窟クリアははるか遠く、
ほんの少し入ったところで修行?を断念。


頭が大きいせいで、ボクは忍者になりそびれてしまったにゅ…。
奥にはゆったりした広い空間がある一方で、
1人がやっと通れるすきまをはしごで上る難所があるらしい。
うーん、残念。ちくわでも食べるか。

いや待てよ。
そういえば、そもそもはMOHEIを探しにきたんだっけ。
MOHEI隠れてるかどうか、確かめられないじゃん!
ちょっと猿田洞に詳しい人に、話を聞いてみようっと。

ちなみに、猿田洞に入るときは、必ず2人以上で。
事前に日高村教育委員会(0889-24-5115)に連絡を!
懐中電灯、ヘルメット、軍手は必須。
滑りにくい靴、汚れてもいい格好で!
詳しくは、日高村のウェブサイトなどで確認してみてにゅ。

というわけで、こぼれ話はここまで。
きのう3日付朝刊に「おでかけ!にゅーすけ」を掲載してるにゅ。
猿田洞に詳しい人は、何かヒントをくれるのか!?
最終的に、MOHEIは見つかるのか!?
紙面もチェックしてみてね。

じゃあ、またにゅ!

関連記事

もっと見る



ページトップへ