2010.06.16 07:00

決心の人 岩崎弥太郎余話(21) 母と子(上) “快く命を捨てても”

四国霊場27番札所、神峯寺。弥太郎が獄にあったとき、母親の美和が安芸からはだしで参拝を続けた。美和が没した翌年の1901(明治34)年、次男の弥之助が帰郷し、母親の遺言で山林を寄進したという(安田町唐浜)
四国霊場27番札所、神峯寺。弥太郎が獄にあったとき、母親の美和が安芸からはだしで参拝を続けた。美和が没した翌年の1901(明治34)年、次男の弥之助が帰郷し、母親の遺言で山林を寄進したという(安田町唐浜)
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る



ページトップへ