2010.06.14 07:00

決心の人 岩崎弥太郎余話(19) 同時代の人々 馬場辰猪、渋沢栄一

渋沢栄一。“論語とソロバン(道徳と経済の合致)”を説いた。徳川家に尽くし「徳川慶喜公伝」も著した。銅像も多く、そのたびに「また雨ざらしか」と笑ったという。1931年没、92歳(写真は国立国会図書館・電子展示会「近代日本人の肖像」から)
渋沢栄一。“論語とソロバン(道徳と経済の合致)”を説いた。徳川家に尽くし「徳川慶喜公伝」も著した。銅像も多く、そのたびに「また雨ざらしか」と笑ったという。1931年没、92歳(写真は国立国会図書館・電子展示会「近代日本人の肖像」から)
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る



ページトップへ