2018.01.30 08:45

高新まんが道場 第371回入賞作品

【作品一覧】

●特選
「誰のガマグチだ?」 岡林郁生(79)(高知市)


●入選
「上には上が」 石山孝男(70)(高知市)


「ペット番付」 920(63)(南国市)


「はろてんか」 瀬戸あつゆき(54)(高知市)


「書き初め…」 かしま山(66)(土佐清水市)


「ゴ主人様! 信号ハ赤デス。」 トーヤク(68)(高岡郡中土佐町)


「わっ、お年玉!」 柳本良幸(75)(須崎市)


【講評 道場主・くさか里樹】今年もユーモアお届け!
 あけましておめでとうございます。今年もまんが道場からユーモアをたっぷりお届けします。
 特選は、岡林郁生さんの「誰のガマグチだ?」。冬季オリンピック近し。アイスホッケーのパックとガマグチを間違えてるのか、パックよりガマグチのほうがいいのか、はたしてどちら!?
 入選は、920さんの「ペット番付」。猫ちゃん大人気。1こまで楽しくスパッと落ちをつけた見事な作品です。
 石山孝男さんの「上には上が」。天才幼児現る!? 4こま目で全体を見せてアッと言わせるテクニックがすごい。
 かしま山さんの「書き初め…」。自己主張する文字と武力行使をにおわす文字の間でA首相は出す文字に困っている様子。「調」の字を出してほしいものです。両サイドは筆ミサイルで狙いあっていますよ。細部までアイデアが詰まっていてすばらしい。
 トーヤクさんの「ゴ主人様! 信号ハ赤デス。」。戌(いぬ)年の今年、12年ぶりに新型アイボが発表されましたね。ロボット犬が活躍する時代ももうすぐ!? 車に興奮する生身のわんちゃんとの対比がおもしろい。
 瀬戸あつゆきさんの「はろてんか」。某公共放送の人気番組の撮影…を兼ねた集金! こりゃ脱帽ですな! 「家族で完敗」というセリフで見事に締まってます。
 柳本良幸さんの「わっ、お年玉!」。年末の大掃除が年を越してしまい慌てたのでしょうか。へそくり、ばれました~。大人もお年玉がほしいのだ~。
 「あと一歩」1作目は、紅蝶示郎さんの「何が詰まってる」。裏の畑でポチが「ここ掘れワンワン」と鳴く。今年はどんな年かな? 年初にふさわしい見事な作品です。どこも悪いところはありません。
 2作目は、大久保浩司さんの「ワンだふる!?」。絵の可愛(かわい)さと内容の恐ろしさのギャップがすごい。これ、ミサイルじゃなくて花火ならいいのに。こちらも良い作品です。
 2018年道場開きから「まんが王国土佐」らしい優れた作品のそろい踏み。描き手も読み手も今年一年健康で、まんがを楽しみましょう!


【応募要項】
「作品」
県内在住および高知県出身者の未発表の近作に限る。点数制限なし。
住所、氏名、年齢、職業または学校名、電話番号、作品タイトルを裏面に記入。
審査はくさか里樹さんが担当します。
応募作品の返却を希望する場合、応募の際に料金分の切手を貼付し、宛先を記入した返信用封筒を同封してください。
掲載分のうち数点を、高知新聞ウェブサイトに収録します。
ご了承ください。

「規格」
1こままたは4こま。白黒またはカラー、用紙はB4サイズまでの白い紙
「締め切り」
2月10日までに必着のこと
「送り先」
〒780-8572、高知新聞社編集局学芸部「高新まんが道場」まで
「賞」
特選1点=8千円▽入選数点=各5千円
「発表」
毎月下旬の朝刊

★著作権は、基本的に作者に帰属します。無断掲載を禁止します★



ページトップへ