2005.04.15 07:00

夢球場探して (1) 第1部 “プロ野球”がやってくる (1)

100人を超える報道陣が詰め掛けた石毛宏典氏の会見。四国を舞台としたプロリーグ構想の夢が披露された(2004年9月30日・高松市内のホテル)
100人を超える報道陣が詰め掛けた石毛宏典氏の会見。四国を舞台としたプロリーグ構想の夢が披露された(2004年9月30日・高松市内のホテル)
球界に投じた一石
 二〇〇四年九月三十日午後、高松市内のホテルに百人を超える報道陣が詰め掛け、一人の人物を注視していた。視線の先には、プロ野球・オリックス元監督の石毛宏典氏がいた。石毛氏の口から語られたのは、野球の「四国独立リーグ」構想。四国四県の県庁所在地に一つずつプロ球団を置き、一年間、リーグ戦を行うというものだった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る

カテゴリー: 2005夢球場探して掲載年表スポーツ


ページトップへ