2018.01.27 08:30

災害時に無線中継 陸上自衛隊と高知県大豊町が土地使用協定

協定書に調印した岩﨑憲郎大豊町長=左=と石田祐司連隊長(同町役場)
協定書に調印した岩﨑憲郎大豊町長=左=と石田祐司連隊長(同町役場)
 高知県長岡郡大豊町と陸上自衛隊第50普通科連隊(香南市香我美町)は26日、災害時、事前の許可なく町有地を使用できる土地使用協定を結んだ。同様の協定は県内初。

 協定は、同連隊が標高約750メートルの「ゆとりすとパークおおとよ」(大豊町中村大王)内にある町有地10平方メートルを使えるようにするもので、即日発効。南海トラフ地震などで、高知駐屯地の回線が使えなくなった場合、通信車両を配備し、陸上自衛隊第14旅団(香川県善通寺市)との無線を中継する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会嶺北


ページトップへ