2018.01.27 08:20

故・野中広務氏は高知県で終戦体験「今の日本、憲法のおかげ」

講演で高知を訪れ、高知新聞のインタビューに応じる野中広務氏(2015年7月、高知市内)
講演で高知を訪れ、高知新聞のインタビューに応じる野中広務氏(2015年7月、高知市内)
 野中広務・元官房長官が26日死去した。野中氏は高知県で終戦を迎えるなど高知との関わりが深かった。政界引退後も戦争体験者として、ハト派の重鎮として、高知県で「今の日本があるのは、憲法9条を中心とする、あの貴い憲法があったからだ」と訴えていた。
  
 野中氏は19歳の時に軍隊に召集され、陸軍の幹部候補生として県内で敗戦を迎えた。終戦直後、高知市の桂浜で仲間と自決しようとしたときに、追い掛けてきた将校に止められ、「命を救われた」という。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済訃報


ページトップへ