2011.03.02 07:00

祖父たちの戦争 第2部(4) 飢えて赤土を口に

東部ニューギニアで放置されていた日本兵の遺骨214体が、戦後65年を経てようやく帰国を果たした。発見場所と銀の総入れ歯から、第2代の高知連隊長とみられる遺骨も含まれていた(昨年11月、東京・千鳥ケ淵)
東部ニューギニアで放置されていた日本兵の遺骨214体が、戦後65年を経てようやく帰国を果たした。発見場所と銀の総入れ歯から、第2代の高知連隊長とみられる遺骨も含まれていた(昨年11月、東京・千鳥ケ淵)
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る

カテゴリー: 2011祖父たちの戦争掲載年表社会


ページトップへ