2018.01.22 08:00

小社会 あれだけ緊張が高まっていたのに、年が明ければ…

 あれだけ緊張が高まっていたのに、年が明ければ突然の雪解けムード。そしてあれよあれよという間の合意である。韓国と北朝鮮が平昌(ピョンチャン)冬季五輪での南北合同チームの結成や、開会式で合同入場行進することなどを決めた。

 五輪開幕の来月9日まで、3週間を切っている。いかにもドタバタの歩み寄りと映る。核実験や弾道ミサイル発射で北朝鮮情勢が緊迫する中、「融和」演出の政治決着を急いだのだろう。

 確かに五輪は「平和の祭典」であり、期間中は軍事的緊張より対話の方が望ましい。その意味で日米も、北朝鮮への圧力を維持しつつ、参加を歓迎する立場だ。五輪の威信失墜が著しい国際オリンピック委員会(IOC)の顔も立つ。

 どんな五輪になるのだろうと想像する。スポーツの祭典が政治利用された場合、真っ先に被害を受けるのは選手たちだ。五輪初の南北合同チームとなるアイスホッケー女子は、選手が大幅に増える分、韓国人選手の出場機会が減る。選手同士の連係が必要な競技なのに、満足に練習もできまい。

 開会式では「コリア」チームが「統一旗」を掲げて入場し、合同チームは国歌の代わりに「アリラン」を使うという。朝鮮半島を代表する、哀調を帯びた民謡である。北朝鮮は非核化について何の言及もしていない。

 課題を全て棚上げにして、期間限定で行われる「融和」になるのか。問題は「平昌」後にありそうだ。


1月22日のこよみ。
旧暦の12月6日に当たります。きのえ とら 六白 大安。
日の出は7時08分、日の入りは17時27分。
月の出は10時09分、月の入りは22時10分、月齢は5.0です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時43分、潮位13センチと、15時11分、潮位58センチです。
満潮は9時18分、潮位153センチと、20時54分、潮位143センチです。

1月23日のこよみ。
旧暦の12月7日に当たります。 きのと う 七赤 赤口。
日の出は7時07分、日の入りは17時28分。
月の出は10時43分、月の入りは23時09分、月齢は6.0です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で3時18分、潮位25センチと、16時00分、潮位57センチです。
満潮は9時53分、潮位149センチと、21時46分、潮位133センチです。

カテゴリー: コラム

ページトップへ