2018.01.21 08:30

J2讃岐が春野キャンプ開始 浜口(高知出身)「開幕スタメンを」

カマタマーレ讃岐がキャンプイン。浜口草太(4)らイレブンが初日から精力的に走り回った(春野運動公園)
カマタマーレ讃岐がキャンプイン。浜口草太(4)らイレブンが初日から精力的に走り回った(春野運動公園)
 サッカーJ2のカマタマーレ讃岐は20日、春野運動公園でキャンプを開始した。讃岐ユースから昇格した高知市出身の浜口草太(FCコラソン出)もメンバーに名を連ねており、「トップはみんなレベルが高いけど、通用する部分もある。開幕スタメンを狙います」。地元春野で猛アピールする。
 
 昨季J2で8勝14分け20敗の19位に終わった讃岐。讃岐のアカデミーからは初めてトップチームに昇格した浜口をはじめ若手を多く獲得し、勢いを持って新シーズンに臨む。
 
 元日本代表の我那覇和樹ら約40人がゲーム形式でトレーニング。ルーキーらしく積極的に走り回った浜口は、「何度も試合をしたグラウンドなのでやりやすかった」と初日を振り返り、「自分の武器はドリブルやキックの精度。どんどんアピールしたい」と気合十分だ。
 
 先輩選手らと笑顔で話す場面もあるなどチームメートとも打ち解けている様子。北野誠監督も「うちはこれまで『昇格』とか『残留』とか勝負の際のところにいたから経験豊富なベテランが多かったけど、次のステージにいくためにも若手を多く取った。(新しい力という意味では)ソウタはうってつけ」と期待を込める。
 
 今回のキャンプは23日までと期間は短いが、21日に徳島ヴォルティス(キックオフ午前11時30分・春野球技場)、23日に高知大(午前10時30分・同)との練習試合を予定。北野監督は「新しい選手を試合で見て特長をつかみたい」と話しており、浜口の出場の機会もありそうだ。



ページトップへ