2018.01.21 08:15

エコ認証でカツオ守れ 高知一本釣り 取得模索

エコラベルが付いた真空パックの「味噌煮」。原料はノルウェー産のサバ(高知市の「コープよしだ」)
エコラベルが付いた真空パックの「味噌煮」。原料はノルウェー産のサバ(高知市の「コープよしだ」)
 「海のエコラベル」。魚を根絶やしにしない持続的な漁法で取られた水産物を認証して示す国際的なマークだ。誕生から約20年。一本釣りで得たカツオを、このラベルで価値付けようという動きが高知県内に胎動している。展望や効果はいかに。

「選ぶことから始まるエコ活動」とMSC認証をPR。米国産マダラが並ぶ(高知市の「イオン高知店」)
「選ぶことから始まるエコ活動」とMSC認証をPR。米国産マダラが並ぶ(高知市の「イオン高知店」)
 買い物客でにぎわう夕方の「イオン高知店」(高知市秦南町1丁目)を訪れると、鮮魚コーナーは青いエコラベル付きの商品を大々的にアピールしていた。並ぶのは米国のマダラ、オーストラリアのエビ、ロシアのタラコ、アイスランドのシシャモ、カナダのホッキ貝…。今月下旬からは、エコラベル付きのおにぎりも登場予定だ。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会


ページトップへ