2018.01.16 08:25

高知県四万十市で在宅医療の映画お披露目 監督と撮影振り返る

撮影を振り返る溝渕雅幸監督=左=と小笠原望医師(四万十市右山五月町)
撮影を振り返る溝渕雅幸監督=左=と小笠原望医師(四万十市右山五月町)
 1月27日から高知を皮切りに全国公開されるドキュメンタリー映画「四万十~いのちの仕舞(しま)い~」の試写会が14日、撮影地の高知県四万十市で開かれた。在宅医療に力を注ぐ四万十市の医師、小笠原望さん(66)に密着した作品。上映後は溝渕雅幸監督(55)=奈良県生駒市=と小笠原さんが医療への思いを語った。

 映画館のない四万十市でお披露目したいと溝渕監督らが企画し、四万十市右山五月町の四万十市立中央公民館に500人近くが集まった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース幡多


ページトップへ