2018.01.16 08:20

高知の技研製作所・社長が50年の歩み「工法革命」を出版

「防災事業を手掛けるのは、災害と闘ってきた高知県民のDNAかな」と話す技研製作所の北村精男社長(高知市布師田)
「防災事業を手掛けるのは、災害と闘ってきた高知県民のDNAかな」と話す技研製作所の北村精男社長(高知市布師田)
「建設は日々新たなり」 
 圧入機メーカー、技研製作所(高知市布師田)の社長、北村精男さん(77)が、創業から50年の歩みや企業として目指す方向性を記した「工法革命」を出版した。

 技研製作所は1967年に北村さんが創業。圧入機「サイレントパイラー」の製造・販売が主力で、公共工事などで鋼材を地盤に埋め込む「インプラント工法」の普及を進めている。創業50年の節目に当たる昨年6月には県内で3社目、製造業では初の東証1部上場を果たした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済高知中央


ページトップへ